読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEEMO BOAT SERVICE

SEEMO BOAT SERVCE ブログ

SEEMO BOAT SERVICE のブログです。

LOWRANCE StructureScan 3D

新商品のストラクチャースキャン3Dです。

f:id:SHIMO:20160421202419j:plain

ユニットを経て、イーサネットでの接続になります。

初期のストラクチャースキャンのような感じですね。

 

f:id:SHIMO:20160421202420j:plain

取付ブラケットは、HDと形状は同じですが、ビス穴の位置が違うかな。

振動子の大きさは、HDとほぼ同じ。厚みが増してます。

 

 

 

 

さっそく付けて、行ってきました。

f:id:SHIMO:20160421202426j:plain

ブレイクライン沿いを。

ブレイクの形状がズバリですね。

 

 

 

f:id:SHIMO:20160421202421j:plain

これは、往復したときのイメージです。

ウェイポイントも表示されています。

ちょうどUターンしたあたりが、リバーマウスなんですが、

思ったよりえぐれているのがよくわかりました。

f:id:SHIMO:20160421202422j:plain

 

 

 

 

 

f:id:SHIMO:20160421202423j:plain

タッチですので、斜めからビューしてみたり、

真上からや、ボトムを這うようなビューもできます。

f:id:SHIMO:20160421202424j:plain

f:id:SHIMO:20160421202425j:plain

感想としては

ピンスポット映すよりかは、全体的にザーッと把握したいときには

いいですね。

浅いところは映らないようです。

 

ストラクチャースキャン(サイド)よりかは画像は粗めですけど

サイド+ダウンを同時に見れるし、立体化されているので、情報の把握も

早くなりますね。

 

映り込むタイミングは、サイドの時とほぼ同じくらい。

ちょっと遅れてから映る感じです。

画像処理の問題なのか、たまに数秒途切れる時がありましたが、

途切れたところもしっかり表示はしてくれていました。

 

日々進化してますね。。。怖い(笑)

昔あんなに頑張って調べた浚渫エリアも一撃ですな・・・。

 

3DはGEN3以降のモデルにて対応となっています。

(GEN2ではデータ源での認識はしますが、ダメでした。。。〉

 

 

f:id:SHIMO:20160421202429j:plain

今回、本体は9-タッチのGEN3でしたが

大きく見れたほうが圧倒的に使いやすいと思います。

 

 

 

 

 

最新兵器を投入したBMCメンバーのYさん号。

最近かなりのペースで練習してますね。

釣果も上がってきているようなので、さらに楽しみですね。

f:id:SHIMO:20160421202427j:plain

f:id:SHIMO:20160421202428j:plain

TRITON21シリーズが今週は3艇ピットインしていますが、

まずは1艇完了!です。

今週末までに、あと2艇!頑張ります!